~~~マレーシアからタイへ!陸路国境越え!~~~

おはこんばちわ!

かっこよくヒゲを伸ばしたいShunです( ´_ゝ`)

ですが!ヒゲを伸ばしたいために3週間近くヒゲを剃らないようにしてたけど、一向にヒゲが伸びてこないので諦めました!笑

もともと体毛薄い方なんですけど、ヒゲもちょびっとしか生えないせいで

「……剃り忘れた?」ぐらいにしか思われない!ちきしょー!

俺はヒッピーになれないのか……いや、別にヒッピーみたいになりたいわけじゃないけど笑

かっこいい無精髭に憧れます…

 

本題!

 

8/19〜8/26までペナン島に滞在したので、それについてまとめようと思ったのです、が!

ペナン島での滞在は結構内容が濃く、書く事たくさんな上に更新ペースも遅いので……

飛ばします!笑

また別記事で

「~~~ペナン島に1週間滞在してみた!~~~」

みたいな感じでまとめます。

 

ってことで今回はペナン島を出発後、陸路でタイに向かったお話しまーす。

 

数年前には、バタワースから直通でバンコクまで行くマレー鉄道が存在したらしい?のですが、今は廃止されてしまっているとどこかで小耳に挟んでいたので予定としては…

バタワース→パダンバサール(マレーシアとタイの国境の町)まで普通の鉄道で行き、国境越えてから寝台列車に乗って→バンコクに行く予定でした

 

なんですけど、ペナン島滞在中に同室の台湾人の方に

「バスで国境越えた方が楽だし安いよ」って聞いたので予定変更。

ペナン島本土でバスに乗り、そのまま国境越えてタイ南部の町ハートヤイまで行くことに!

聞くところによるとハートヤイは美味しいタイ料理が食べれるから寄ってくといいよーってさ。

ちなみにGoogleMAPさんは「ハートヤイ」表示だけど、実際発音する時は「ハチャイ!」みたいな感じ笑

 

ってことで宿の近くで、お馴染みのマークを発見

 f:id:shun-0823fig:20170904135357j:image

f:id:shun-0823fig:20170907125400j:image

ここでバスチケットの予約をすることに

スケジュールはこんな感じ

f:id:shun-0823fig:20170904124220j:image

光の反射具合で一部見えない……プーケット行きたい人はごめんなさいね(>人<;)

 

にしてもめちゃめちゃ安いですね

バンコク行くのにたった135バーツ

でも移動時間18時間……ケツが割れますね

 

出発当日、チケットを予約した宿の前で拾ってもらい出発

 

約3時間程でマレーシアとタイの国境 ブキット タユ ヒタム に到着。が、イミグレが激混み!

f:id:shun-0823fig:20170906005046j:image

なんでも聞くところによると、この日マレーシアは4連休の最初の日だとかなんとかで、タイに旅行に行く人がたくさんいるんだと!仕方なく果てしない行列の最後尾に並びました……

 

幸いにも同じバスに乗っていた日本人の方とおしゃべりして気を紛らわせてたけど、結局入国できたのは1時間半後……めちゃめちゃ疲れました。途中ゲリラ豪雨にも見舞われましたが、屋根があってよかった…ちなみにここ、ブキット タユ ヒタムの国境にはイミグレ手続きのための新しい建物ができてました!Googleさんのストリートビューでは確認できないんですけど、奥に綺麗な大きい建物ができてて、そこで出国手続きをしましたよ。

f:id:shun-0823fig:20170907130431p:image

  

その後さらに1時間程でタイ南部の町ハートヤイに到着。

予定では昼頃着いてご飯食べるつもりだったのにもう3時…

町をあるきつつご飯を探します。ふらっと入ったお店は何やら麺系のお店。適当に注文。

f:id:shun-0823fig:20170907125815j:image

やさしい味にホッとしました

ライスヌードルとミートボール?

 

今夜ここハートヤイから寝台列車に乗ってバンコクに向かうため、駅にチケットを買いに行きます。

 

f:id:shun-0823fig:20170907130619j:image

ハートヤイの駅。なんだかカワイイ

f:id:shun-0823fig:20170907130742j:image

チケットカウンターで寝台列車の予約。

ちなみに寝台列車の席には1等と2等があり、1等が冷房つきらしいですよ。何も言わなきゃ勝手に1等で予約してくれると思います。もちろん値段は1等の方が少し高い。節約したい人は2等でもいいかと思いますが……冷房ある方がいいですよね。さらに上段下段でも値段が違います。下段は窓があり少し広め。上段は窓無しで天井が近いため少し圧迫感が…

100バーツくらいしか違わないので下段をお勧めします。

 

 

出発時間30分前くらいにホームに到着。チケットにかかれた号車と席を見つけて座ります。

ほぼ時間ぴったりに電車が動き出しますよ。遅れないように注意!

 

 

動き出して程なくするとチケット確認と、ベッドの組み立てが開始!ワクワク……

f:id:shun-0823fig:20170907131645j:image

こんな感じの座席を……

f:id:shun-0823fig:20170907131808j:image

乗務員さんが手際よく組み立ててくれて……

f:id:shun-0823fig:20170907131941j:image

あっと言う間にベッドの変身!

 

カーテンも着いてて広さも十分、タオルケットもついてて申し分なしです!

カプセルホテルみたいなワクワク感ですね!

 

車窓から見える風景で一杯やりたくなっちゃいますが、寝台列車はアルコールの持ち込み禁止です!

 

日本では体験できないであろう、12時間近くの列車での旅に心踊りながら眠りにつきます…

あれ、でも揺れが結構あって眠れないぞ!?笑

 

なんて思いながらも気づいたら眠りの中……

 

起きたらどの辺にいるんでしょうね?笑

 

タイの旅は始まったばかりです